ROBINIER

NEWS

2022.10.7

お土産の説明書(10月8日~お越しいただいた方へ)


わたしたちの大好きなクリスタリゼ(10周年にお越しいただいた方へ)

 
花を結晶化したお菓子を今回お土産にご用意いたしました。
思い出の味を(お味見程度ですが)南仏の工場のものをお取り寄せしました。
 
葉っぱは2種類 ヴェルヴェンヌ(クマツヅラ)とミントです。
ヴェルヴェンヌは細い葉っぱで、ミントは丸っこいかわいい形です。
ミントの爽快感がないほうがヴェルヴェンヌです。
どちらも香りがよく、ハーブティーとしても親しまれています。
 
一番大きなピンク色のものは、バラをそのまま砂糖漬けにしています。
甘い香りが強い場合には、ブラックティーとおたのしみください。
紫は、スミレとリラ(ライラック)の花です。
どちらも、フランスでは、紅茶に添えるほか、シャンパンに入れて楽しんだり、ショコラに散りばめて美しい絵のように飾ります。
 
ほか、種シリーズとして、実の形をしたものがいろいろ入っています。
ミモザ、フェンネル、ひなげし、ラヴェンダー、コリアンダー、クミン、ヒイラギ。
本物の種が入っているものもあれば、イメージとして作られているものもあります。
どの味か想像しながら、お召し上がりください。
 
*シート乾燥剤は食べられません。
*今回は、わたしたちのフランス思い出の味を、個人的なプチギフトとしてご用意いたしました。開封後はお早目にお召し上がりください。
*香りも強く、独特なお菓子のため、苦手な方がいらっしゃったらごめんなさい。
これからもよろしくお願いいたします。
 
これからも、日常をたのしくなるような、植物にまつわるお話がたくさんできますように、心より願っています。感謝をこめて。
                                かよ子・雅世
 
2022年10月




< 一覧に戻る